RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

pookmark
妊娠初期 食べ物の森
サンマ・北で獲れるものほど脂がのっているワケ
自己増殖リンク集〜アクセルリンカー
定番商品が定番でいられるワケ

pookmark
台湾海鮮料理〜薬膳鍋
台湾海鮮料理では海鮮食材を使った薬膳鍋も人気です

有名なのが台湾海鮮東銀座店の姉妹店でもある薬膳火鍋専門店です
「天香回味 日本橋本店」など専門店だけで8店舗あります

台湾でも鍋は日常的なもので、日本と違うところは
1年中鍋を食べるということと、鍋の間に仕切りがついていて

2種類のスープで同時に楽しめるというところです

2種類は当たり前で最近の台湾の若者の間では
3分割の鍋が人気だそうです。「ベンツ鍋」というのですが

これは車のベンツのロゴマークと鍋の仕切り部分が似ているからだそうです
なかなかいい呼び方ですよね

「天香回味」の薬膳鍋はそんな火鍋に美容・滋養強壮効果を
プラスした体にいい鍋なのです。考案したのはなんと

モンゴルの英雄チンギス・ハン。スープの素となるのは
60種類以上もブレンドされた天然植物エキスです

その旨みだけでタレをつけなくてもとっても美味しいのが特徴

一度食べたら不通の鍋はたべられないほど旨みが凝縮したスープです
薬膳鍋コースは全部で3種類

白身魚と米沢豚がメインでタモギ茸などきのこ類をメインにした
コースや、サトウキビ、カラスミなどのコース

アガリスク茸が入ったコースなどがあります

すべてのコースにうどんまたはクロレラ入り麺が入って

季節のデザートなどがついた全部で15品近くになります
一人分税込4179円から

台湾海鮮料理は薬膳鍋を食べなくてははじまりませんね



1:山菜・「近ごろの山菜は、山でとれない」のウワサは本当:食べ物実話サイト・食のカラクリを暴く

「昔に比べて、野菜がおいしくなくなった」というのは、昔ながらの野菜の味を知る年輩者の方はよくロにするセリフであるたしかに、ここ近年ほどの間に、キュウリやトマト、ニンジンなど、ふだんロにする野菜の味はずいぶん変わってきている

食べ物 裏話 山菜 ハウス栽培











2:サンマ・北で獲れるものほど脂がのっているワケ:食べ物実話サイト・食のカラクリを暴く

サンマの食べ方は、塩焼き、刺身、酢じめ、蒲焼き、みりん干しなどいくつもあるが「サンマは塩焼きがいちぱん」という人は少なくないだろう。サンマの塩焼きは、ご飯と相性バツダンで、日本の秋の食卓には欠かせないもっともサンマに脂がのるのは9月。とくに、北海道近海で獲れるものほど脂がのっている

食べ物 裏話 サンマ 秋刀魚











pookmark
カゼヒイテマンネン
 
明日は名古屋だっていうのに!
ここ最近変な頭痛と咳が止まりません。
鼻水も。

ちゃんと栄養取ってるし寝てるのに…

いかんなぁ。

何とか明日までに治さねば!



しかし今日は暖かいなぁ。
こんな日はやっぱり…






ビールが飲みたいね(笑)

結局花見も出来なかったし。

ま、花見したって桜見るのは最初だけなんだけどね(笑)

名古屋にはまだ桜はあるんだろうか。

あったらいいな☆


って事で明日は


■2010/04/11(SUN)
名古屋ell.SIZE
 
開場/開演:18:00/18:30  
前売/当日:2000yen/2500yen [D別]
w/YAP YAP、Cinq、summer caset、たんばりんスコッチ
ガムシロップの出番は19時50分!


ってな感じ!
楽しみだ!





あ、そうそう、この間の7日にDONT TURN AWAYでいつものキャメルスタジオにて一日リハをやった訳ですが。
その後にネットで生放送っていうのを試験的にやりました。
見た人はちらほら居たみたいだけど。

今後ちょっと面白い事やるかもなんで楽しみにしててくださいませ☆

ちなみにDONT TURN AWAYの次のライブは22日に高田馬場フェイズ!

今月はこれ一本だけ!
しかもしばらく関東ではライブがないんで来れる人はぜひ!


ガムシロップもDONT TURN AWAYも頑張ってますんで!

皆さん応援してくださいな☆
pookmark
サマーウォーズ

ふけと食生活の関係
ふけと食生活の関係?とおもむろに言われても、すぐにはピンとこないかも知れませんが
しかし、調べてみると以外にも、食べ物が頭皮に悪影響を与えている場合もあるそうです




 去年の夏にやっていた映画、サマーウォーズ。

見たいと思ってたけど映画館にいけなくてそのまま忘れていたけど、

この間、知り合いにすすめられて見ました!!


よかったーハート


映像キレイだし、日本の昔ながらの田舎っぽさと、現代のIT社会の表現がうまいぴかぴか(新しい)


時をかける少女の監督らしい!!


感動して泣きました〜


日本のアニメいいね〜



話は変わり 今日はミナモトミーティングでした。



そう!!!!



4月はまたまたミナモト金曜日開催ハート


4月30日 みなさん お暇ならぜひ渋谷Roomにハート



ちゃお

pookmark
事故情報データバンクって知ってます?
((*´_●`☆゚+.GoodMornig+゚☆´●_`*))

晴れ時々曇りのち晴れだし、今日は、成田まで水族館です。

皆さんはどんなふうに過ごしているのでしょう?

水族館と言えば、スロベニアから
友人が来てるので、

一緒に、ペルヴィスダンスに行こうって、
話してました。

今、スロベニアでは、スタイルUPレッグが、
流行っているみたいです。

面白いものですね。

どんとはれ
1週間くらい前からペルヴィスダンス
やってます。

始めて1〜3日辺りは、背中
が痛くなったり、
筋肉痛になりましたけど、

慣れてくると3分位じゃ物足りなくなってきました。

今では時間を少し長めにしてます。

元々、運動はあまり好きではなかったのですし、
厳しい食事制限も無理とういう感じだったので、

スピルザDに頼るかって感じでした。

きっと今、痩せない人も、
1ヶ月、2ヶ月と続けたら、少し成果が現れると
思うと思います。

スタイルUPレッグが気になっているのですけどね。

pookmark
心、揺さぶるもの。(迸り・浅田真央)
浅田真央さんについて、ここのところコピペなどが多かったので

ちゃんと自分の言葉で日記を書こうと思っていた矢先

こんなブログを見ました。

フィギュアや、浅田真央さんのファンの方々にとって、ここのところ数日注目を集めているブログ。

この方のことは良く知らないですが、芸術家でいらしゃるようです。

その内容を紹介する前に少し自分のことを。

浅田真央さんに注目し始めた頃、「凄い才能豊かなコが出たんだな〜」 程度の印象だったのですが

浅田真央を語るにはずせないプログラム

あの 「仮面舞踏会」 を初めてみたときに

違和感と同時に、強烈な記憶となりました。

何故だか解らない。 彼女にはこのプログラムはまるであっていない気がしました。

しかしこのプログラムを一度見てしまってから、見てしまったばかりに

もう以前のキュートでちょっぴりコケティッシュなプログラムでは満足出来ないかな?って思いました、何故だか解らないまま。

思えばあれから浅田真央さんに傾倒していったのかも知れません

どちらかといえば、他の選手に較べ、やや重厚な曲を

大会のたびに修正していく、進化させていく、彼女が曲をプログラムを自分のものにしてゆく、仕上げていく過程のパフォーマンスを見ていると

ただ、見ているだけで、不思議に涙がハラハラと零れてきました。

年齢を重ねて涙腺が矢鱈めったら弱くなってしまっているのもあるのですが

なんだろう、この感動は・・・・? と不思議に思っていました。

あれくらいの娘が居てもおかしくない年齢の僕にとって、感情移入が過ぎて

娘の成長過程を喜ぶ父親のようになっているのだろうと思っていたんです。

もちろんそれは否定できないんですが、でもちょっと説明がつかない。

違和感がある。

この感動を言葉に出来ない自分が不思議でした。
(たしかに過去の自分の日記を読んでみても、この感動を言葉に置き換えることに成功していません)

そして完成されたFSプログラム 「仮面舞踏会」 を見せ付けられたとき、もうなんだか泣けて泣けて、もの凄いことになっていました。

そして次なるFSプログラム 「鐘」 。

初めてみたときの生じた、「仮面」 を上回る違和感。

そしてそれ以上の期待感っ!ドキドキ感。高揚感。

こいつをどんな風に仕上げてくるのだろうか?

「仮面」 の実績を見る限り、一体タラソワコーチはどんな試練を浅田真央に課すのだろうか? と胸が躍りました。

そして、「鐘」 の重圧に潰されそうになっている浅田真央。

周囲の環境(悪意)に壊されそうになっている浅田真央。

それらをはねのけた年の明け、ほぼ全体のフォルムを現した 「鐘」 の演技を見たときに

それはもう顎が震えるくらいに、足がガクガクするほどに感動し、何故だか怖くさえなって、心が揺さぶられました。

振り付けのひとつひとつに何が込められているのかは、まるで解りませんが、ただ見ていて何かの迸(ほとばし)りを感ぜずにはいられませんでした。

それは他の選手とはまったく違う何かとしか言い著す術をもたないのです。

直後、TVの前で涙と鼻水でグシャグシャになったおっさんは、愛するパフォーマーと愛するパフォーマンスを理不尽な低い評価で貶められ、叩きのめされることになるのでした。

未だかって、あの感動の正体が解らないままに、この文章に出会いました

下に転載します(無許可です)

読んでみてください。


*************************


3月26日

(中略)

ものを見る力について、ほぼ絶対的に信頼をおいている親友に、オリンピックの浅田真央の 「鐘」 の演技の録画を見てもらった。(友人は、仕事で忙しくて、全くオリンピックを見ることができなかったという。)私は、録画の映像見ただけで、また落涙・・・・・。

すると、友人は

「すごい!!・・・・何、これ?!!うわ・・・・・・・・・タラソワってすごいよ。異常だよ。狂ってるよ。」

そして最近、私が涙を流しながら 「鐘」 の話を熱弁する理由が、今、やっと、わかった、と言った。

「やっぱり、見なきゃわかんないもんだな。これは、ちょっと、ありえない。」

「これは、凄すぎる。まっっったく、一般向けでない。よくぞこんなプログラムをつくったもんだ。浅田真央はタラソワと絶対離れないほうがいいね。」と言った。

これについて、何か言葉にするとしたら、どうなると思う?と聞いたら、

「言葉になんてできないでしょ。他のスケーターとまったく次元が違うんだから。これがフィギュアスケートだなんて思えないようなものでしょ。これが一体何なのかなんて言えないくらいの、ものすごいもの、なんだかわからない何かだ。」

と言った。そして

「今回の浅田真央の理不尽な状況、絶体絶命の状況をタラソワがわかっていてこの 「鐘」 を選んだのだとしても、それにしてもこのプログラムの、タラソワの、ものすごい情念というのか・・・・単に眼の前のオリンピックで金を獲るため、という目先の目標だけでは、こんな異常にすごいもんはつくれないだろう。タラソワっていったいどんな人生歩んできたんだろって思うよ、この 「鐘」 を見たら。」

と言った。

(中略)

「一般の大多数が鈍いのは当たり前。キムのほうが滑りがきれいだとか、理由はあとからなんとでもつけられる。でも、これだけの厳しい決断を自ら意志的に選んでそれを実際に生きている浅田真央に対して、少しでもちゃかすようなことを言ったとしたら、それは余計な発言であり、ちょっとおかしい。何か大きな汚い力が働いてるのかもね。こんな極限の、ありえないプログラムやってたら、長くは続かないだろ。それほど 「鐘」 は人間じゃない次元にいっちゃってる。それに対して、確かに評価は酷すぎる。」

(中略)

「それにしても、(この演技は)いい。氷に引っかかってしまうところさえ、全て含めていい。恐怖を感じるほど凄い。衣装もぴったりあってるし、完璧に思える。本当にいい曲を選んだ。」


「もし、リアルタイムで、オリンピックでこれを見ていたら、衝撃が強すぎて、ちょっと精神的に耐えられなかったかもしれない。これを見て、採点のおかしさに滅茶苦茶に傷つくのは当然でしょう。滅茶苦茶ストレスたまるよ。」

ストレスで、ほんとに全身痛くなるけど、それでも、その恐ろしい瞬間を見たいと思うのが私の性格なのだ。そこから、その眼で見たものに震撼するような体験を生きたいのだ。



2月28日

フィギュアと体操(と新体操)は、昔から興味があって、よく見ていた。言葉だけの、いんちきな、あとづけの正当化による観念や倫理的発言みたいなもの(文学、絵画、思想、あらゆる場面でよく出会う)が大嫌いで、いつも、本物の、極限の、身体そのもを見たい(そんなものを見られる機会はそう無い)と思うからだ。(私の場合、特に日本人を応援したいという気はない。身体的(芸術的)衝撃力のある稀有な才能にだけ惹かれる。)

浅田真央が彗星のごとく現れた時も、陰影(深み)のないブルジョワ的印象で、その表現に全く興味はなかったのだが、今回、 「鐘」 を見て、初めて、烈しい衝撃を受けた。私がドイツに行っていた間(去年の10月)に、浅田はすごいことになっていたらしい。

しかしタラソワもすごい人だと思う。(帝政ロシアの)抑圧され、理不尽に踏みにじられる民衆の烈しい怒りを表現するって、浅田に本来(最も)欠けている人生体験を、そのまま・・・・。

しかも現在のフィギュアスケートの理不尽な採点法(意味不明のルール改悪)では、まさに、今、リアルに浅田がその身をもって、その「理不尽さ」をまともに体験することになった。 「鐘」 の重さは、現実の重さだから、浅田が4年後にこのプロをやったほうが良かった、というのは誤りだ。タラソワは19歳に、よくぞこんな素晴らしい本物のプロを贈ったと思う。タラソワは賢い。どんな溌剌とした明るい曲でも、この採点の闇ルールには勝てないし、この状況では身体が(明るい曲に)乗るわけもない。

つまり、最も暗く、重厚な曲と、極限の難度を課したプロをやること(他の誰にもできない、フィギュアスケートの限界を破るような、異状な困難に立ち向かう状態)で、初めて「自由」な発露を得る、というわけだ。

浅田は、ノーミスで、完璧に 「鐘」 をやり遂げれば、金メダルもあると信じていたんだね。もちろん愚直な私も信じていた。だけど現実は、最初から全く理不尽な採点方法で、もう結果は決まっていた、というわけらしい。

FSでは、冨田洋之以来の、本当の、鬼気迫る身体と、本物のアスリート魂(侠気)を見せてもらいました。

自分の出番の直前に、世界中にさらされた中で、(わーーっという歓声と、キムの意味不明な超高得点という)公開の理不尽な暴力(凌辱)に遭った浅田の、それでも必死に集中しようとする表情ほど、胸に迫るものは無い。

阿修羅のような顔だった。 「鐘」 は全く暗すぎる曲ではなかった。「今」の瞬間にふさわしかった。ここで、明るく楽しい曲なんて、できるわけないし、くだらない。、身体と精神の極限の「危機」そのものだった。曲が始まって、ものすごい度胸と集中で、3Aを2回決めたあと、どんなに必死に集中しようとしても、ふっと、(何かを)考えてしまうのは生き物である限り仕方ない。

スパイラル、ツイズルから恐ろしいほどの気迫のステップを見たとき、この瞬間の最大振幅を生きる生命を見た。

鉛色、白金、閃光、波、金属、錆、狂ったように乱れる髪、砕ける飛沫、泥、引き裂かれる布、夜の森、はためく襤褸、爛れた動物、暴風、散る一瞬前の花、鳥の叫び、血のにじんだ皮膚、軋む骨、など・・・・

私の場合、(希少な芸術作品や、動物や、ごく特別な人間に)最高に揺さぶられる時には、いくつもの映像や色彩が重複して見えるのだが、まさに時の渦巻きがいくつも同時に視覚的に訴えてきて音も躍動する色彩に見え、言語化不可能な、長さのわからない時間であった。見た経験の順番も、螺旋状に混じってしまう。一瞬のまたたきの時間に、あらゆるものを同時に見てしまうので、そう感じるのだろう。

ミスと言って取りざたすほどのミスではなかったと思う。そのミスも含めて、とにかく物凄かった。(そのように極限まで、精神的にも肉体的にも、内側からも、外側からも追い詰めたのだから、当たり前なのだが)恐ろしく異質であったし、凄み、痛み、緊密、衝撃、無名色、迫るもの、必死で息をする身体そのものであった。

よく耐えて、よく潰されないで、全て出し切ったと思う。これだけひどいことをされて、発狂しないだけでも、転んで意識がぶっ飛んだりしないだけでも、すごいと思った。悔し涙も含めて、(たくらみの無い)真正面切った作品だった。誰よりも高難度で奇跡的なプロを、とにかく完璧に、ノーミスでやりたかったし、できる確信があったから、悔しかったのだ。

伊藤みどりをはるかに超え、芸術性も超高水準の浅田が金メダルを獲れないルールって理解不能。高難度な技をやるより、簡単な技をきれいにやるほうが爆点(恣意的なGOE)の出る競技なんてあり得ない。(フィギュアはいつから、こんなに気持ち悪い採点法になったのか??)

カタリナ・ビットやビアンカ・パノヴァが好きだったけれど、今回の浅田の 「鐘」 に較べれば、物足りないような気になる。

キムの演技は、省エネで、きれいにまとめられていたが、特に、芸術的ショックを受けない。この戦略(内容)で、機械のように正確にできるまで、何万回も訓練させられてきたのかと思うと、かわいそうだ。よく、その国家プロジェクトに、耐えられると思う。新しい困難な技に「賭ける」という新鮮味(自由)なくして、よく我慢できる、と思う。EXを見て、なんかほんとに気の毒になった。(勝利の喜びがほとばしる感じではなかった。007なんて、本人は、やってて楽しくないから、とてもEXでやる気にはならなかったのだろう・・・)

浅田は若干19歳で、こんなすごいプロをもらったのだから幸せだ。19歳で、これだけの苦しみと深みの実体験ができ、それを自分の本物の作品にしたのだから。この残虐さに耐えて、今までなかった艶が出てきたように思う。

ロシェットはいつもどおり、平凡だった。Pチャンはもっとひどい(不気味)。ウィアーは良かったのに(採点が)気の毒だった(色気も愛嬌も技術もあるのに)。美姫もちょっと(採点が)、かわいそうだった。


************************

いかがだったでしょうか?

こういう文章を僕は書きたい。

訳の解らない感動を、訳の解らないままに書けるようになりたいです。

それが自分の目指す 「迸(ほとばし)り」 だと思うからです。
pookmark
口臭が原因で
気になる口臭ですが、あなたは適切な口臭予防法をご存知ですか?
あなたの口臭予防には、その口臭の種類に応じた予防法を行うようにする事が大切です



昨日、大阪へ口臭治療の講習会へ行ってきました。

これから口臭治療を始めるためのもので、わしみたくすでに提携医院になっている先生は2人だけであった。

同じ内容でも繰り返し聞くと忘れていることもあり、新鮮な発見もあるのだ。

休み時間に講師の本田先生と話しをした。

実は、医院への口臭治療に関する問い合わせはかなりあるのだ。

その中で、17歳の息子の父親からの電話を受けた、内容は口臭が原因で中学から不登校になり現在ひきこもりなのだそうだ。
口臭が治れば、ひきこもりは直るのか?というものだ。


回答は口臭は100%治せるが、ひきこもりが直るかどうかはわからない、と答えた。


この対応でよかったのかどうかを、本田先生に質問したら、プロなんだから自信をもってひきこもりも直ると答えて、挑戦するべきだと励まされた。

難しい患者だからこそ、解決していくのが人救いになるのだと。


頼りに、来院してくださる患者の期待に応えられるよう、精進努力をする決意をした。
pookmark
(*_*)人間だもの
みつを










とまぁ、
わけわからん出だしから始まってみましたが。



いつもの事です





春ですね
お花見の季節ですね


ぽかぽか陽気に
やられて
あんま物事が考えれません



ぽかぽか病ゃ





いつにも増してぼけぇってしてますが





春といったら出会いの季節ゃね

友達らゎ合コンに
ぉ忙しい様で
必死です笑

確かに今から楽しい夏になるからね


ピンぽーん。


早く夏が来ないかな
pookmark
現ちゃんナイト
口臭が気になるなら

体の悩みは人それぞれですが、身体は、安易に取替えが出来るものでは有りません又、からだの悩みの度合いによってはひどく傷つく事もそんな彼方に一筋の巧妙をもたらす情報をお届けします

問題 解決 体 わきが













行ってきました、現ちゃんナイト
むちゃくちゃ暴れた
やっぱり泣いてしまった
笑いながら涙がぶおーって出た
泣きじゃくりながら暴れた

ライブ終わって鏡見たら、目の周り真っ黒で、すんごい顔してた
次の日はものすごい筋肉痛
あざもできてた
やっぱレピッシュ最高すぎ
かっこよすぎ
大好き

詳細は落ち着いたら追記します★
仕事が!
花粉が!
pookmark
無くなって初めて気付いたよ
今日眼鏡でなくコンタクトを装備して外出したのですが……


何故か、恥ずかしい…


沸き上がる、羞恥心!!!


眼鏡は私にとって、服みたいな存在だったみたいです。もう下着姿で歩いているような感じ。
あぁ…んー…さすがにそれはないな。
短いスカートはいて太い足をさらけ出してる感じです。


これ慣れるまで大変だろうなぁ^^;




眼鏡……











……眼鏡!!
pookmark